Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

やっぱり無謀だった! 山陰~近畿周遊ツーリング

RES01880.jpg


ウルフオヤジから突然の 「ツーリング行きた~い!」 との望みを叶えるべく、緊急企画した今回の2泊3日ツーリング。
あまりの突然企画に hisaさんは参加できず、ウルフオヤジと二人でのツーリングとなりました。
今回こそは余裕の日程でノンビリツーリングの予定ですが、さてどうなる事やら。

それでは、始まり始まり~。

初日の天候は、朝方まで雨が降り路面はウエット。
Oyaji の出で立ちは一応オールウェザー仕様ですが、雨は上がっていたので下はジーンズで出撃。
しかし、マックでの朝食後も雨は降ったり止んだりで結局完全カッパスタイルに変身となりました。
当初は303号線経由の予定でしたが、雨の中山を走ってもつまらんので、21号~365号で奥琵琶方面を目指しました。
雨のせいか寒さはあまり感じませんでしたが、ウルフオヤジはハンドルカバーまで装着した完全真冬仕様です。

「どんだけ寒がりやねん!」

なんてことを思いながらトロトロ走ったせいか、最初の予定地の舞鶴に着いたのは11時頃。
P1100836.jpg
P1100834.jpg


まだ出発して間もないのに、既に予定より遅れ気味です。
自衛艦の見学もそこそこに今日の宿泊地 「三朝(みささ)温泉」 への旅路を急ぐ事にしました。
ここから三朝温泉まではワープするような道が無い為、福知山経由でひたすら一般道を走ります。
雨は時折パラつく程度で、何とかカッパは脱げる状況に。
それでもパースは上がらず、結局宿に付いたのは17時半頃で、初日から日没前の到着目標はアウト!

「あ~あ、何でこうなるの?」

って、単純に計画が甘いだけの事です。

本日のお宿、三朝(みささ)温泉 「斉木 別館」 ↓
カニ解禁で何処も予約が取れず、運良く空いていたここにしましたが、思いのほか高級そうな旅館です。
(画像は翌日の物で、着いた時は真っ暗で良く分かりませんでした。)
P1100859.jpg



バイクは、屋根付きのスペースを用意して貰えました。
見た通りバイクで行くには似つかわしくない雰囲気です。
P1100860.jpg



ロビーも豪華!
P1100848.jpg



これまた立派な中庭の向こうに見えるのは戸建て風の客室。
綺麗な女性を連れてのお忍び用か!
P1100850.jpg



食事は19時からにして、先ずは温泉へ。
浴室も豪華で、泉質もいい感じでございます。
皆様はお食事タイムの為か空いていてゆっくりできました。
Y345166495[1]



おまかせ懐石コースの夕食は、何と解禁したばかりのカニ付きでした。
P1100840.jpg



ウルフオヤジのお皿はあっという間にこのありさま。
P1100843.jpg


大満足の夕食後には当然再びの温泉タイム。
その後、ご就寝と相なり、一日目は終了!


続いて二日目の朝~

今日は雨の心配はなさそうです。
至極の朝風呂の後はバイキングの朝食へ。

相変わらず支離滅裂なOyaji セレクトの朝食。
P1100852.jpg



ウルフオヤジも朝から食欲全開モードです。
P1100853 - コピー



さあて、今日も元気に行ってみよ~!
P1100857 - コピー


三朝(みささ)温泉 「斉木 別館」
内容を考えると中々リーズナブルで、いい旅館でございました。
残り物には福が有ったって感じですね。

宿泊費(アルコール込):17,000円/人 なり。


宿を出発したのは10時頃と随分ノンビリモード。
と言うのは、食事の時間が8時半からしか取れず、出発が遅くなってしまったからです。
朝がノンビリできたのはいいんですが、今日の予定の姫路城へ行く時間が無くなってしまいました。
そこで、姫路城は諦め折角なので三朝の温泉街を散策してから倉吉市の「白壁土蔵群」を見に行く事にしました。

三朝温泉散策 ↓
川原には露天風呂が。
P1100861.jpg



三朝温泉のメインストリート!
いくら朝とは言え、日曜の10時を過ぎているのにちょいと寂し過ぎませんかネ~。
P1100863.jpg



怪しい旅館の前に立っていた道しるべ。
う~ん、チョットあぶない系か?
P1100866.jpg


一通り散策を終え、続いて直ぐ近くの倉吉市へ移動。

白壁土蔵群 ↓
ここの中にあった、ワインショップで話を聞いていると欲しくなりましたが、結局断念。
車だったら買ってたでしょうね、ちょっと残念。
P1100875.jpg



ここは大正ロマン的な建物が多いです。
P1100874.jpg
P1100873.jpg


そうこうしている間に、時刻は11時半頃に。
最短時間のルートで和歌山の宿を目指しますが、ここから 約350㎞!もあります。
う~ん、ヤバイよ、ヤバイよ!
勿論、ワープ多用ですが到着は何時になるやら。

あまりの時間の無さにお昼はこれだけ!
P1100876.jpg


その後何処をどう走ったかよく分かりませんが、「寒~い!怖~い!」 を連発するウルフオヤジを引っ張って走りに走ります。
そんなどこかの高速上、ふとミラーを見るとW650の姿が見えません。

「え! Enfi ならともかく、Wまでトラブルか?」

暫くスロー走行していると、ようやくWの姿が見えました。
やれやれと一安心したのも束の間、

「ガス欠~!」

の叫びが!
そうです、Wは高速の燃費が極端に悪いのです!
その為、高速に乗る直前に満タンにしたにも関わらずこの事態です。
運良く直ぐにSAがあり、事無きを得ましたが、20㎞/Lそこそこは悪すぎますね~。
しかもタンクが予備を除くと10Lくらいしかないので200km少々でガス欠です。
Wでは高速道路を走るなって事か!
V7の燃費は殆ど変化が無く、25~26km/L と安定しています。
しかもタンクは17Lもあるので余裕です。

そんなことで、到着は益々遅れ、結局着いたのは18時頃。
初日に続き、二日目も真っ暗な中での到着となりました。

二日目の宿、かわべ温泉 「お宿 喜作」
ここは小さなお宿ですが、春先のツーリングで泊まって好印象だったところです。
P1100887.jpg


到着は遅くなりましたが、大きな旅館と違って食事時間も柔軟に対応してもらえ、ゆっくり温泉に浸かってから個室でゆったりといただけました。
ここの一番の特徴は食事が美味しい事です。
今回も美味しくいただけました。
量も多すぎるくらいです。
アルコールも生ビールが特に旨く、珍しくOyaji もおかわりをしてしまいました。
P1100883_20171120002354055.jpg



最終日の朝~

どれを食べても美味しく頂けた朝食。
P1100889.jpg


かわべ温泉 「お宿 喜作」 
2回目の宿泊ですが、相変わらず料理は美味しかった。
大きな温泉街のような華やかさはありませんが、一軒家の小さな旅館で静かに過ごすものいいもんです。
唯一、温泉の営業時間がやや短い(8:30~21:00)のは改善して欲しいところですね。


宿泊費(アルコール込):13,500円/人 なり。



走りっぱなしの三日目ですが、Oyaji はまだまだ余裕でございます。
W650は超大型バッグ装着で積載量はありますが、出し入れが面倒そうでした。
その点、V7のパニアバッグはスピーディーで便利です。
また、高速はやっぱりスクリーンが有ると快適性は随分違いますね。
P1100892_20171120003317950.jpg



今日の出発は8時頃。
朝温泉に入れなかったので、途中の「川湯温泉」へ向かいました。
天気は三日間で一番の快晴です!



川湯温泉 ↓
月曜の朝の為か観光客の姿はありません。
P1100895.jpg



川原に露天風呂がありましたが、掃除中でした。
P1100898.jpg


どうしたものかと少し考えましたが、帰りも遅くなるのは勘弁して欲しいので、温泉は諦めてこのまま帰宅の途につくことにしました。
まあ、気持ちの良い天気の中を走るだけでもいいもんです。

ここから自宅まで約270km。
紀伊自動車道から伊勢道を経由し東名阪へ。
途中亀山あたりで少し渋滞につかまりましたが、直ぐに抜けられ、いつもの大渋滞はギリギリ回避。
最後は桑名東ICからETCでスムーズに一般道へ、のはずですが・・・?

何と、料金所出口でWが 御用! となってしまいした。

ETCエラーでゲートが開かず、ゲートの隙間を通過して出てしまったからです。
結局、カードを確認するとちゃんと課金されていて一件落着。
原因と思われるのは、ウルフオヤジはETCのアンテナをWのヘッドライト内部に仕込んでいるようで、それは無理があるでしょう。
しかし、可愛そうだったのは後続の車たちです。
エラーの為、ゲートが赤ランプ閉鎖状態となってしまいました。
皆さまご迷惑をお掛けしました。🙇
P1100902.jpg


その後は、堤防道路を走り、帰宅できたのは18時頃。
終わってみれば、三日共全て日没後の到着と言う結末でした。
初日以外は、まあまあの天候で、寒さもそこそこ。
立ち寄り先も最低限最短時間で余裕のはずでしたが・・・

それにしても何度もツーリングに行くのに、なんでこの計画性の甘さは直らんのでしょうかネ~。

と、反省しきりの学習できないOyaji でございました。

~おしまい~

全走行距離:1100km   燃費:26km/L