Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

チンク 明るい未来?と便利グッズ

「チンク、明るい未来?」

って、何の事やら。
要はヘッドライトです。
チンクのライトは、一般的なハロゲンで、良くも悪くも普通ですが、普段HIDに慣れているのと、夜目が効かないOyaji にはちょいと厳しいです。
雨でも降ろうものなら危険さえ感じます。
そこでロービームライトを交換することにしました。
装着が簡単なLEDも考えましたが、明るさはやはりHIDです。
車検の心配もありません。
勿論、純正は高すぎて手が出ないので、fcl.と言うメーカーの警告灯キャンセル機能付きの外車用キットにしました。
P1100581.jpg



HIDは、LEDと違って、バラストと言うユニットを付けなくてはなりませんが、チンクのエンジンルームはご覧の通りギッシリ。
バルブを外すだけでも往生しました。
P1100583.jpg



試行錯誤して何とかバラストは収まりました。
それよりもチンクのバルブ取り付けには専用のアダプターが必要なのですが、このアダプターの差し込みが異常に固い。
多少固めと聞いていましたが、多少なんてもんではありません。
グリスを付けて何とか入りましたが、外す時は相当苦労しそうです。
P1100582.jpg


HIDにも明るさがありますが、そこそこ明るければいいので、標準的な35Wの6000Kタイプにしました。
点灯した印象は、これでも明るさは十分以上でハイビームが完全に負けています。
35Wこれだけ明るいのに55W仕様なんて必要なんでしょうかね。
時々問題になる、チラツキやアイドリングストップの影響もOyajiチンクではありませんでした。
ただ、Oyaji のチンクはマイチェン前の反射タイプのライトのせいか、光のカットラインがやや曖昧です。
この為、やや下目に調整しないと対向車に迷惑をかけてしまいます。
また、ライトONでラジオを聞いている場合、感度が悪い時はノイズで受信が途切れます。
まあ、感度が良ければ問題なしですね。
結論的には、価格が3倍以上する純正と比較して、明るさはそれ以上でお勧めできる商品です。
但し、耐久性はどうなんでしょうかね~。

こうなると、ポジションランプとの発色の違いが気になります。(画像はハイビーム点灯時)
こちらもLEDにでも交換したい気分ですが、警告灯キャンセラー機能付きのバルブは安くても4,000円位します。
明るくなる訳でもないのに、外車は一々面倒でコストがかかりますね。
ハイビームやフォグのバルブも全て替えると結構な出費になりそうですので、この辺は今後のお楽しみにします。
因みにチンクは、下の小さいライトがポジション兼ハイビームです。
P1100586.jpg



続いて便利グッズ編です。

先ず、これは何でしょう?
分かる方もお見えでしょうね。
これは、シートベルトサポーターの「らくらく君」です。
1_201709182107249fa.jpg


チンクは2ドアの為、シートベルトアンカーの位置が後ろ寄りで手が届きにくいです。
そこで「らくらく君」の出番です。

装着するとこうなります。↓
IMG_0465 (編集済み)


大した移動量ではありませんが、随分と使い易くなります。
取付も簡単で便利ですが、多少ベルトの戻りが悪くなるのはマイナスですね。
それよりも、こんなものが4,000円位するのは如何なものでしょうか。
因みに、右側用のみで左用はありません。

ここんところ、どうしてもチンクネタが多くなってしまいますが、明後日の土曜日からは那須高原遠征ツーリングです。
この時期は何と言ってもバイクが最高!
久々のお泊りツーリングなので、存分に楽しんで来ようと思います。


~おしまい~