Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

~ お別れは突然に ・・・ ~

突然ですが・・・

この度、

「Moto Guzzi V7」 とお別れ! 

することになってしまいました。

1年9か月と言う、Oyaji の車歴の中では最も短い所有期間となってしまいましたが、Emfi とは異なる鼓動感あるVツインエンジンや高貴な長距離クルーザーとして所有感をも満たしてくれる実にいいバイクでした。
好き嫌いがハッキリ分かれるスタイルやエンジンフィールはマニアックですがOyaji の選択としては間違っていたとは思いません。
なのにこのような結果になったのは、最近軽量なお気楽バイクが気になるようになって、V7がやけに重く感じるようになってきたからです。
まあ、歳のせいもありますけどね。
2台持ちも検討しましたが、置き場所や維持費、それと一人しか愛せないOyaji には無理がありそうです。
気楽に乗れて、旅の相棒として長距離ツーリングもできる、Oyaji 好みのモーターサイクルは無いのだろうか?
そう思い始めるとある事に気が付きました。
バイク歴40年の車歴の中で、「オフ車」に属するバイクは一度も所有したことがありませんでした。

「そうだ!オフ車なら軽くて取り回しも楽、しかも250㏄なら高速も走れて維持費も安い!」

オフをガンガン走る気や技量はないが、たまにはフラットダートもトコトコ走ってみたいし、最近興味が出てきた 「キャンプツーリング」 にもバッチリだ。
何故気づかなかったのだろう。
Moto Guzzi のような華が無いのは仕方が無いが、今のOyaji が求める理想に近いバイクじゃないか!

と言うことで、心はバイク人生初の「オフ車」へ。
Oyaji の用途的にはアドベンチャー系が合っているのだが、どれも重く、小柄なOyaji にはシート高も高すぎ。

そんなことを思っていると、ある日、ある所で、こんなUSEDバイクに出会いました。

セロー 30周年アニバーサリー ツーリング仕様 ↓
RES02731.jpg


セローは、ウルフオヤジが乗っていた225ccの旧型のイメージしか無かったので、この進化したセローには驚きました。
限定の30周年アニバーサリーカラーで、純正スクリーンや大型キャリアの付いたツーリングセロー仕様になっていました。

跨ってみると、程よいボリューム感があり足付きも良好、しかも軽い!(約130㎏)
スクリーン越しの風景は、アドベンチャーバイクの雰囲気です。
250㏄になったエンジンは、思いの外勇ましいフィールです。

「これはいい!」

初心者や女性が乗るイメージのあったセローの印象が一変しました。
これなら、オフ・オン及び高速道路も1台でオールマイティに使えそうです。
小ぶりで軽量な車体は、緊張感も無く、お気楽バイクにピッタリ。

と、ここまでは言う事無しですが、V7 を手放すことなど全く考えていなかった為正直戸惑いました。
しかし、折角なので一応査定してもらう事に。
Moto Guzzi V7 はどちらかと言うと不人気車ですし、車検も近いことから全く期待していませんでしたが、結果は・・・

予想を上回る高額査定!

オプションパーツは元に戻しても良いとの事でしたので、別途売却すれば殆ど持ち出しなしで乗り換えが出来そうです。
う~ん、これは困った。
1週間ほど悩みましたが、思い切って乗り換える事を決断!
ほんの数週間前までは想像すらしていなかった展開にOyaji 自身も驚いています。

とんとん拍子に話が進みましたが、実はセローは8月頃に新型が出るようです。
詳細は7月に入らないと分からないとの事でしたが、エンジンは海外で既に発売されている 「FZ25」 に搭載される空冷のブルーコアエンジンとなり、多少のパワーアップと燃費が大幅に向上するそうです。
車体周りは基本的に変わらないようですが、あと2か月程の事ですので、できれば新型を一目見て現行中古か新型を予約するかの判断をしたいものです。
しかし、ここで困ったことが。
下取り車は車検残や走行距離の関係で今すぐ出して欲しいとの事でした。
検討中の車両は中古車で一品物ですので、売れてしまったらおしまいです。
そうなったら、他を探すか新型の発売を待つしかありません。
と言う事は、下手をすると2か月以上バイクが無い状態となってしまいます。
乗り換えることは決意しましたが、直ぐにV7が無くなることは想定していませんでした。

またまた、悩ましい日々が続きましたが、結局V7の即時売却を承諾!

そして今日は、嫁入り前のお姿に戻った 「Moto Guzzi V7 Classic」 と共にショップまで最後のツーリングです。
この状態のV7には始めて乗りましたが、静がなのは想像できましたが、リヤサスが固いのと、思ったよりシートが高いのには戸惑いました。
また、スクリーンが無いとこんなに風当たりが強いのかと、改めてスクリーンの効果を実感しました。
RES01730.jpg


今日で最後かと思うと本当に名残惜しいです。
購入時は色々トラブルもありましたが、今はどこも悪いところはありません。
傷も全く無い美車です。
タイヤもバッテリーもOILもプラグも交換したばかりで、当分消耗品の心配はいりません。(車検は9/30まで)
エンジンガードやセンタースタンド、グリップヒーター、本革タンクベルト及びサイドパッド、ETC等のオプションはそのまま付いています。(総額で12万円以上)
売却先は 「赤男爵」 さんですので、見かけたら気に留めてやって下さい。
いいバイクですヨ~。

※今なら店頭販売前に相談もできると思いますので、興味の有る方はご連絡ください。

RES01728.jpg


と言うことで、突然のご報告でしたが、残りのバイク人生に悔いは残したくありません、こうなったら勢いで行きます!
こんなことを言っている間に、中古車は売れてしまっているかもしれませんね~。
まあ、それならそれで諦めがつきますけどね。
何れにしろ今後の展開はOyaji にも分かりません。

どうなるのかナ~ 

~おしまい~