Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

原二? ~その2~

先週の「NMAX」試乗に続き、今日は 「VESPA PX」 に試乗しました。


こいつの125ccに乗ってみました。
IMG_0583 2(編集済み)


(PX インプレッション)
大昔に乗ったことがあった VESPA ですが、久々に乗ってみて・・・

「まあ、なんてポンコツ感万歳なんでしょう!」

とてもつい最近まで現行で販売されていたモデルとは思えません。
試乗車も新車なのに、セルが故障で回りません。
ただ、エンジンそのものはキック一発でかかります。
エンジンがかかると、振動が凄い!
ステーが超長いミラーはブレ過ぎてどこかへ飛んでいきそうです。
勿論、全く見えません。
Enfi のような鼓動感ならいいのですが、まさに振動です。
Oyaji は慣れていますが、初めての人は大丈夫なんでしょうかね。

そんなエンジンフィールに驚きながら、特徴的なハンドルチェンジのクラッチをローに入れ、スタートしようとしますが、垂直に近く上を向いたクラッチレバーがうまく操作できません。
歳で関節の柔軟性が悪いジジイの手には厳しい操作です。
2速以降はいいのですが、折角のハンドルチェンジが苦痛となるのは問題ですね~。
(※ハンドルチェンジがそんなに操作しずらいという話は聞かないので、後日ユーチューブ等で確認すると、普通はそんなに上を向いていなようです。どうも試乗車の調整不良のようですね。購入に大きく影響する試乗なので、チャンと整備しておいて欲しいですね。)

加速は、流れに乗って走る事はなんとか出来ますが、4輪をリードして走るのは厳しい。
それと、MOTO GUZZI で行って直ぐに乗った為か、ともかくフラフラして怖い怖い!
試乗の最後の方では多少慣れましたが、とてもスピードは出せませんね。(せいぜい60㎞)

PXは2016年に製造が終了し、新車は各お店の在庫のみ。
Oyaji が欲しい黒又は白は後1台ずつしかないそうです。
しかも150ccのみ。
因みに黒は(画像↓)オプション付の店頭展示車のみで、乗り出し価格約65万円!
確かに、乗って楽しく、最後の2st新車としての希少性もありますが・・・
このポンコツ新車(VESPA ファンの皆様ゴメンナサイ)に65万円はちょっと・・・。 

VESPA PX EURO3(オプション付) ↓
IMG_0581.jpg


( 結 論 )
懐かしい2stのフィーリングは昔のバイクそのまんま。(但し、EURO3は規制で相当パワーダウンしているらしい。)
外観は、オシャレでクラシック。
何とも言えないポンコツ感が楽しい!
VESPA PX と言う唯一無二の最後の新車。(少なくとも2stでの復活は絶対ないでしょう。)

と言うところは魅力を感じますが、Oyaji はお気楽バイクとは言え、乗る事が楽しみです。
故に、ストレスを感じない程度の動力性能と実用性、それとお気楽だからこその信頼性も必要です。
外観や雰囲気に魅せられたPXですが、Oyaji 的 「お気楽バイク」 候補としては二歩くらい後退ですかね。

残念!


~おしまい~