Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

Safety or Looking ? ~続編~

あれこれ悩みまくりのヘルメット更新ですが、前回の 「BELL MAG-9」 での失敗を教訓に色々考えました。

1.折角なので、やはりインナーバイザー付が欲しい。
2.安全性を重視して、一般的な安全基準を満たしている事(SG.JIS.ECE.DOT.SNELL等)
3.1個のヘルメットで通年使用できるようフルフェイスへの拡張性が欲しい。
4.BELLの件もあるので、出来るだけ現物確認が出来る事。

と言う事で、国産ジェットで唯一のインナーバイザー付だった「J-CRUISE」が「MAG-9」並みに帽体が大きく選択肢からは外れました。
そのせいか、スリムな「J-FORCE」を見て、バイザーを諦めてこれにしようかと思いましたが、後頭部のアヒルの尻尾のような形状がNG!。

J-FORCEⅢ ↓
J-FORCE-3-BK[1] (280x280)




前記の条件を考慮すると、 「システムヘルメット」 と呼ばれる、色々組み合わせて使用できる2候補に絞りました。

候補1.
Speed and Strength SS2200 

ジェット仕様時 ↓
2013-Speed-and-Strength-SS2200-Solid-Speed-Helmet[1] (250x250)

チンガード装着時 ↓
20130324_1[1] (250x214)

アメリカのSpeed and Strength(スピード&ストレングス)と言う長ったらしい社名ですが、国内の販売店(メリケンさん)一推しのメーカーです。
価格も内容からすると信じられないくらい安価(1.8万円)です。
勿論、アメリカ国内のDOTと言う安全規格もクリアしています。
しかも、インナーバイザー付のシステムヘルメットとしては随分コンパクトな帽体で、デザインも変なデコボコが無く気に入りました。
インナーバイザー、フルフェイスへの拡張、クイックリリース、ベンチレーション機能、取り外せるクール素材の内装、UVカット・アンチスクラッチ及びフォグのシールド等、ほぼ完ぺきです。
これで現物が見られたら即決していたかもしれません。



候補2.
NOLAN N43E Trilogy

ジェット仕様時 ↓
nolan-0-3-43-03-xl[1] (300x300)

チンガード装着時 ↓
15392_zoom[1] (300x300)

イタリア製で、向こうの国内では一番人気のヘルメットメーカーです。
何処となくレトロな印象のデザインが流石イタリーを感じさせます。
帽体は前後に大きな造りですが、頬の辺りは絞り込まれていて小さく感じます。
しかし、国内に販売店が無く基本的に海外からの通販になります。
当然、現物確認など出来るわけも無く、価格も手元に来るまでには3万円位になってしまいます。
デザインやブランド及び機能的には結構気に入りましたが、サイズも分からず海外通販で3万円は厳しいので諦めかけていたところ、あるショップのヘルメット陳列棚にNOLAN(ノーラン)を発見!
しかも私が欲しいジェットタイプのN43Eが並んでいました。

「エ! なんでこんなとこにあるの?」

最初は信じられませんでしたが、話を聞くとナントあの「デイトナ」さんが代理店となって、7月より国内仕様が発売されることになったんだそうです。

ラッキー!

思わぬところでNOLANヘルメットとご対面です。
さてその印象は・・・。
小さくはないが、思ったより大きくない。
前から見た感じは、J-CRUISEより小さく感じます。
軽くはないが、重い感じはしない。
塗装や全体の造りは高級感があり好印象です。
内装は頭頂部がちょっと薄い感じですが、被り心地は悪くありませんでした。
被る時に耳が収まりにくい感じですが、収まってしまえば特別圧迫されるような感じもなく問題なし。
サイズは、他の外国製と違って国産(SHOEI)と同等と考えてOKです。
万一選択を誤っても、内装(約8000円)でM~XLまで調整する事が出来るので便利です。
デイトナのHPを見ると、補修部品もしっかりと載っていましたので、やはり大手が輸入代理店になると安心感が違いますね。
しかし、冷静に現物を観察していると 「おや?」 と思う事が幾つかありました。
日本国内専用仕様と言う事で、変更されたところがありました。

1.N-COMと言う通信機器の収納ポケットがありません。
2.クイックリリースストラップが一般的なDリングになっています。
3.日本のSG規格をクリアしています。
4.PINLOCKシートが標準で付属しています。

と、結構変更されていますが、1.は、使う予定がないし、付けようと思えは付かない訳では無く、スピーカーの収納部等は残されているので問題なし。
2.は、出来ればクイックのままにして欲しかったですね。
でも、Dリングが付くのでヘルメットホルダーが使えるメリットもあります。
3.は、安心!保障!。
これが無いと大手は販売しないでしょう。
4.は、通常オプションで3000円位するうえ、冬場は必須のアイテムですのでこれはありがたいです。

最後に、NOLAN国内仕様の販売価格は、¥33,600(税込) どの店も値引きはありませんが、PINLOCKが付く事や、正規品が店頭で買える事を考えると十分お値打ちだと思います。
どうしても、N-COMやクイックが無いと嫌だと言う方以外は、リスクを冒して海外から買うメリットはないと思います。

そんなこんなで、思わぬところで現物確認が出来た NOLAN 。

買ってしまいました!

NOLAN N43E Trilogy ↓
P8131124-縮小



後ろはこんな感じ。
後ろのルーバーはエアのアウトレット。
P8131128-縮小



SGマークの横には 「MADE IN ITALY!」 の表示が!
箱には更にくどく、「100% MADE IN ITALY」と表記されています。
P8131127-縮小



チンガードには、ウインドプロテクターも付いていました。
P8131131-縮小



これが曇り防止の「PINLOCKシート」、シールドの内側にPINで留めます。
取りあえずは付けないでおきます。
P8131133-縮小



チンガードを付けない時のカバーが付属していたり、内装を留めるマジックテープに「NOLAN」のロゴが入っていたりと、流石小粋な演出です。
P8131132-縮小



こんなバイザーも付属します。
P8131130-縮小



被ってみました。
P8131119-縮小-3


チンガード装着時。
P8131116-縮小2-2

サイズはLですが、丁度良い感じです。
フィット感も全く問題はありません。

悩んで購入した NOLAN ですが、オシャレで高級感溢れる塗装、特にこの「グロッシーブラック」はシックでいい色です。
機能や被り心地もよくここまでは大満足です。
しいて言えば、やはりDリングのストラップは面倒です。
しかもこのストラップ、余った分はホックでとめるのですが、かなり長くてやや気になります。
また、インナーバイザーはもう少し下まで伸びるといいですね。

まあ、こんなところで、後は今度のツーリングに使ってみて評価したいと思います。


Comment

ゲストさん  

No title

山梨エンフィです。
ついに買いましたか!
NOLANヘルメット!
私はまだ迷っています。
涼しい八ヶ岳-ビーナスラインでのレポートをお願い致します。

2013/08/14 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |  

enfi oyaji  

(返信)

山梨エンフィさん。

やっぱりひねくれ Oyaji は、あちゃら製に手を出してしまいました。
でも、こんな事で外国製品を調べると、いかに日本製品が優れているかが分かりますね。
ヘルメットの購入、納得いくまで悩んでください。
そんな時もなかなか楽しい時間ですよネ。

2013/08/14 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |  

Add your comment