Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

エンフィールド シートバッグ

バッグベースの取付までで終わっていたシートバッグですが、ようやくバッグ本体の取付が完了しました。
実はバッグ選択の過程に於いて、また無駄遣いしてしまいました。
元々、取付スペースがシートバッグのサイズとしてはかなり小さく(300×200)高さも出来るだけ低い物が希望でしたので、色々検討した結果「GW シートバッグ15」を手配しました。
ところが、バッグのサイズ表記は基準が不明確で思った以上に大きかった事と、エンフィとのデザイン的マッチングが思わしくありませんでした。

GW シートバッグ15 ↓
バッグGW
バッグとしては、作りも良く流石GWと言う感じで、現代のBIKEにはこちらの方が似合うと思いますが、残念ながらエンフィには相性が悪く買い替える事にしました。
買い替えにはGWでの事を踏まえ、現物でのサイズとマッチング確認を十分に行いました。
その結果、これを購入しました。

MOTOWN シートエキスパンダーバッグ ↓
バッグmo1
バッグmo2
バッグmo5
どうでしょうか、自分では中々いい感じに仕上がったと思っています。
サイズも丁度良く、デザイン的にもレザー風のサイド等、私のイメージに近くエンフィにも似合っているようで気に入りました。
また、容量も標準時の15Lから最大30Lまで拡張ができ、一泊程度のツーリングならこれで十分対応が可能です。

最大拡張時↓
バッグmo4
バッグmo3
拡張機能付の物はよくありますが、ここまで容量アップ出来る物は見た事がありません。
レインカバーも拡張時用のと2枚付属しています。
柔軟性との引き換えにやや型崩れしやすいのが難点ですが、価格を含めトータル的には中々の優れものです。
それにしても1万円以上したGWのシートバッグは、また無駄な在庫となってしまいました。   (トホホ・・・。)

同時に購入したタンクバッグは、ナビの収納と合わせて次回にレポートしたいと思います。

Comment

Add your comment