Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

リベンジ 渋温泉ツーリング~!

渋1 (1800x1200)




行ってきました!

前回中止となってしまった、「湯田中 渋温泉」
今回は、hisaさん溺愛の姫(350)が緊急入院の為、急遽デビューしたての「ROYAL ENFIELD BULLET 535」でいきなりのお泊りツーリングに出撃となりました。
「535」は、前回ご報告の通り完璧とは程遠い状態です。

「こんなんで、大丈夫か~?」

「ま、何とかなるでしょう~。」

てな乗りで行く事になった今回のツーリング、如何なる事になりますやら・・・。

では、「渋温泉ツーリング」の始まり、始まり~。


朝6時、何時ものマックにこの3台。
何時の絵図らのようですが、よ~く見ると・・・。(これで違いが分かったら、エライ!)
RES02345.jpg



マックを6時半頃に出発し、hisaさんは535のエンストに苦労させられながらも瑞浪辺りまで来ました。
RES02348.jpg



コンビニで休憩中、「クラッチがうまく切れないんだよね~」と、hisaさん。
クラッチケーブルを良く見ると、アウターワイヤーが折れ曲がってました。
RES02346.jpg



このままだと、インナーワイヤーが切れるのは目に見えていますので、添え木をして針金巻き攻撃です。
ま、取りあえずこれで当分は大丈夫でしょう。
う~ん、早くも補修部隊の出番がきてしまいましたが、こんなのは「トラブル」ではありましぇ~ん!
RES02350.jpg



今回は、早めに宿にへ着いてタップリと温泉場を満喫したかったので、この後は大人しく19号線を北上しました。

単調な国道ですが、絶好のツーリング日和の下、お昼前には塩尻へ。
ちょっと早めですが、ここ「道の駅 小坂田公園」で昼食です。
RES02355.jpg



頂いたのはこれ「山賊焼丼セット」
もも付チキン唐揚げ丼と信州そばのセットです。
信州そばでハズレはあまりないけれど、丼はなんで山賊丼なの?
お値段 1100円なり。
RES02354.jpg



食事後、岡谷を目指して出発すると、対向車線から見覚えのあるバイクが・・・
BMWにRZカラー!
そんなお馬鹿なBMWは世界中に1台しかありません。
Hさんです。
向こうも気づいた様子でしたが、お互い止まれずそのままになってしまいました。
Hさんにとって信州方面は庭みたいなものでよく来ていますが、それにしてもこんなところで会うとは、ビックリのニアミスでした。



岡谷からはビーナスラインで「美ケ原」へ。
「美ケ原」頂上付近は確かに美しかった。
RES02359.jpg
RES02365.jpg



と、美しさに浸っていると「535」のウインカーがこんな事に。
振動でステーが折れてブラブラしてました。
RES02356.jpg



そこで、またまた補修部隊の出動です。
何だかんだで、取りあえず付きましたが、もう片方もそのうち折れるでしょう!
RES02362.jpg



いきなり初陣の535、まあこのくらいの事は許してあげましょう!
RES02366.jpg



さて、美しかった「美ケ原」と「ビーナスライン」ですが、上田方面への下りは、かなり道が荒れていて、ビーナスラインとは打って変わり「デーモンライン」とでも呼ぶべき道です。
Enfi はバンク角が浅く、注意していても3回ほどプレーキアームを擦ってしまいました。
ウルフオヤジはW650のバンパーが接触しビビッてました。
hisaさんの535はどうしようもないくらいセンタースタンドが擦ります。
しかも、この下りが長いこと、長いこと!
こんな3台の走りは、カットビライダーから見れば、「なにやってんの?」 ってな感じでしょうか。

そんな下りをようやく抜け、62号線で経由で上田へ。
美ケ原は、ちょっと回り道のつもりでしたが、思いのほか時間がかかってしまいました。
上田からは、144号~406号で菅平を経由して、目指す渋温泉まではあと少しです。

途中の休憩でまたまたまた、535がマイナートラブルです。
今度は、何故か2個付いていたホーンの片方のステーが折れました。
無題4 (2)



う~ん、この調子だと振動でブレる物は全て折れると言う事か。
ここまでくると、「次は何処だ?」と変な期待をしてしまいますが、この後は何もなく4時半頃には今夜のお宿、

歴史の宿 金具屋 に無事到着!

RES02388.jpg


創業254年
国登録文化財指定の超老舗旅館です。
RES02389.jpg



渋温泉の旅館前は道が狭く、駐車は少し離れた川沿いに停めることになります。
今回、バイクはこんな屋根付きスペースを用意して貰えました。
ありがたや、ありがたや。
無題6 (2) (1800x1200)



宿までは、この車で送って貰えましたが、この車でも途中の道はギリギリです。
時々、入り込んできた車が立ち往生するそうです。
無題5 (2)



館内は随所に歴史を感じます。(見方によってはボロいとも感じますが・・・。)
IMG_1433 (2000x1333)
RES02404.jpg


迷路なような作りで、どっちへ行けばいいのやら。
IMG_1375.jpg


荷物を部屋に置いて、早速外湯めぐりと温泉街を散策です。

浴衣で温泉街をプラプラ、いいネ~。
RES02391.jpg



先ずは、宿に近い「九番湯」から。
RES02378.jpg
RES02383.jpg



外湯めぐりは、宿泊者はこの鍵で自由に入れます。
RES02440.jpgRES02379.jpg



割と小さ目ですが、ここが一番広いそうです。
他の外湯も入って分かりましたが、ここ渋温泉の湯は「熱い!」
ぬる好きのoyajiとしては厳しいです。
それでも水を入れて何とか入ると、なかなか気持ちがよかったです。
泉質は鉄分臭さを感じるものです。
RES02380.jpg



さあ次はと思ったら、「ビール!」の声が。
oyaji達、ご満悦。
RES02387-2.jpg



更にプラプラ。
RES02384.jpg
RES02386.jpg
RES02382.jpg
RES02385.jpg


こんな車も来てました。
Bellet GT
通称ベレG、 懐かし~い!
RES02393.jpg



続いて一番湯。
RES02400.jpg
無題6 (2) (1800x1200)



と、ここで夕食の時間が近づいたので一旦宿へ戻ります。
RES02392.jpg



食事はこちらの大広間で。
RES02438.jpg



料理は美味しく(土瓶蒸は特に美味しかった。)、ともかくボリュームがすごい。
この後に、揚げだし豆腐やとろろ蕎麦、勿論ご飯とお味噌汁、最後にケーキとデザート。
これで標準プランの料理です。
女性は絶対食べきれないと思いますが・・・。
あ、生ビールを注文したのは言うまでも無い事です。
RES02407.jpg



食事後は再び夜の温泉街へ。
RES02417.jpg
RES02412.jpg



どうですかこれ!
「泉と千尋の神隠し」の「油屋」のモデルとなったそうです。
いまにも湯婆婆が出てきそうです。
RES02411.jpg


お馬鹿なOyaji も大感激!
RES02420.jpg

夜の金具屋の前は写真の一番人気のスポットです。(撮影用お立ち台も用意されてました。)


次に行ったのが、温泉場の遊びと言えば「射的」でしょ!
RES02414.jpg


結構マジなoyaji 達。
RES02413.jpg


ゲットした景品はこれとシャボン玉セット。
家の孫用にわたくしが頂きました。
玉10発位で500円なり。
RES02415.jpg



一通り堪能したので、宿に戻って今度は宿の内湯へ。
RES02403.jpg



金具屋さんには八つの温泉があります。
泉質も微妙に異なります。
ここは唯一の露天風呂です。
沢山あるせいか、どのお風呂も混みあうことがなく、殆ど貸切状態なのがいいですね。
RES02405.jpg


流石に今日の温泉はここで終了。(hisaさんはもう一つ入りました。)
部屋でビール片手にああだこうだとoyaji 話が続き、いつの間にやらご就寝となりました。

   ・・・

朝~!

今日は、やや雲が多いですが、雨の心配は無さそうです。
RES02443.jpg



最後の朝風呂は「浪漫風呂」です。
ここの泉質は、濁ってますが意外と癖のない感じです。
RES02432.jpg



朝ごはんも定番ですが、美味しく頂けました。
RES02437.jpg



支払いを済ませると、リピーターと言う事でお土産を3人分頂けました。(手前の紙袋)
実はわたくし金具屋さんは一度泊まった事があります。
20年以上前の事でしたので、まさかチェックされているとは思いませんでした。
流石老舗ですね。
RES02441_20140526235640c54.jpg


歴史の宿 金具屋 さん。
ここに限らず、渋温泉全体が決してモダンな温泉街でありません。
割と近いところには、日本三名泉の草津温泉がありますので、ここでは古くからの温泉場の情緒を楽しみたいですね。
歴史の古さをノスタルジーと取るか、ボロいと取るかは、人それぞれでしょう。

宿代(ビール込) 一人 20,352円なり。



さて、宿を8時半頃に出発。
帰りのルートは、白根山方面から行く事にしました。

途中の志賀高原は絶景でしたが、流石に寒かった。
RES02448.jpg
無題 (2)



こんな高地でエンジン切ったら、かからないんじゃないかと思われたhisaさんの535も問題無しでした。
RES02444.jpg


我 Enfi は快調です。
但し、直前に修理から戻って来た NAVI はやっぱり調子が悪い。
以前のモデルは良かったが、新しいモデルはハズレかなユピテルさん。
RES02450.jpg


ここから万座ハイウェイで144号線へ。
上田を目指しますが、

「ここまで来たならお昼は岡谷の 観光荘(うなぎ) でしょ!」

ってことで岡谷へ。
しかし、ご存知の方も多いと思いますが、観光荘は超人気店です。
お昼ど真ん中で入れるのかな・・・
店の前に着くと、外には車やバイクがいっぱい、待っている人多数!
と言う事であっさり諦めて、豪華うなぎのはずのお昼は何時ものラーメンで終了。

食事後は伊北ICから中央道でワープです。

時間稼ぎとは言え、Enfi での高速は実につまらん!
RES02452.jpg



ただ疲れるだけの高速にOyaji 達もこんな様子。
RES02451.jpg

そんなつまらん高速ですが、心配だったhisaさんの535は意外と快調です。
アイドル回転アップの効果か、今日は朝から殆どエンストもありません。
でも、いつも最後に何かがおきるので最後まで気は抜けません。

そんな不安をよそに何事も無く、中央道から東海環状へ入り、出口の関広見ICへ17時頃に着きました。
ここまでくればもう大丈夫でしょう。
因みに、ここまでのワープ料金は、二輪車で4000円程でしたが、ETC装着のわたくしは1890円でございました。

やっぱし、ETCは付けましょう!

と言う事で、今回は余裕の帰宅です。
ピンチヒッターのhisaさん535も心配した程ではなく、皆様のご期待?には添えませんでした。
hisaさん曰く、

「ミッションも多少慣れてきました。」

「パワーがあって350より楽だった。」


そうです。

二日間、好天に恵まれ高地以外は気温も程よく、気持ちの良い道を走って温泉街も満喫できました。

満足! 満足! 


今回の全行程走行距離:668km   燃費:35km/L



Comment

hisa  

No title

お疲れさまでした。
今回もお世話になりました_(_^_)_
楽しかったですねっ。 
さて、次はどこへゆきましょうか~? ヽ(・∀・)ノ

535は確かにパワーもあるし、ギア比が似てるから追走するにはすごく楽でしたね( ゚ー゚)( 。_。)
・・・でも、乗っててゾクゾクしたり楽しいのは350の方が数段上でした。単気筒ストロークのドコドコ感も350の方が感じられるかな?と。
まぁ、これは相性や思い入れもあるのでしょうけど。

ま、535はこれからレストア含め時間をかけて乗り込んで行きたいと思います。

2014/05/27 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |  

enfi oyaji  

(返信)

hisaさん。

数知れずのキック、お疲れ様でした。

やっぱり浮気はいけませんネ。

次回は姫の復帰ツーリングといきましょう! v-392

2014/05/27 (Tue) 23:02 | EDIT | REPLY |  

yukichan  

No title

おはようございます『enfy oyaji』さん

「渋温泉」。。。画像を観て思い出しました。

金具屋の前で写真を撮ったり、画像の階段を上がってお参りしたりと。。。
娘達が独身だったから。。。何年前やろか?

お正月休みで、確かもっと奥に行けば「猿たちが温泉に入ってる」とこまで行けると
まぁ、雪で行けませんでしたが。。。って懐かしい思い出を書き込んでもまずいので。。。

やっぱ、いつか一泊温泉ツーは行きたいのです、全員にもれなく付くトラブルは少なめでね!

2014/05/28 (Wed) 07:32 | EDIT | REPLY |  

enfi oyaji  

(返信)

yukichanおはようございます。

渋温泉、懐かしんで頂けましたでしょうか。
私も相当久しぶりでしたが、殆ど昔の記憶と変わってないです。
ま、大小に係らず温泉街の散策は楽しいですね。

ご一緒出来るのはいつかな~。v-410

2014/05/28 (Wed) 08:07 | EDIT | REPLY |  

サベージやーさん  

No title

渋温泉か^^ターさん羨ましーい!”悔しいです”おやじ3人衆だけでは折角なら時代劇の悪代官とそでしたの三河屋位のワル遊びをしてこれば好かったのでは!!

2014/05/30 (Fri) 16:51 | EDIT | REPLY |  

enfi oyaji  

(返信)

やーさん。

ジェントルなOyajiとしては、正し~い温泉場遊びを堪能致しました。 v-392

ひなびた温泉もいいですが、情緒のある温泉街もいいですヨ~。

2014/05/30 (Fri) 17:30 | EDIT | REPLY |  

サベージやーさん  

No title

ふーんん!?ジェントルなoyai ね~、もっと砕けてもいいんじゃないですか!ザックバランな気取らない温泉ツーも時にはおやりに成ってえー。私もターさんへ一方通行では寂しいよ~*

2014/05/30 (Fri) 20:34 | EDIT | REPLY |  

enfi oyaji  

(返事)

やーさん。

突然ですが、明日ならわたくしヒマですが、ひとっ走りどうですか?

2014/05/30 (Fri) 20:47 | EDIT | REPLY |  

Add your comment