Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

My 充電スタンド!

秋を迎えた今日の祝日。
今日も恨めしいほどの好天です。
しかし、お出かけの予定はありません。
代わりに、これから寒い冬を迎えるにあたって、 Enfi のバッテリー上がり対策をしました。

その中心は、これです!↓
バッテリーの 「自動充電器」 と言うヤツです。
いつもの Amazon で、送料込 3,672円 なり。
更に高価なものもありますが、Enfi 専用ですのでこの程度で十分でしょう。
01d62245a84e3a2bf8838541c99a9605688f65de3f.jpg



接続は、バッテリー端子にかませるだけですが、クリップでいちいち挟むのは面倒なので、付属のコネクター付ケーブルをバッテリー端子に取り付けました。
ちゃんと防水キャップも付いていました。
019b421be6bd8483f93d24743908726783bd274b45.jpg



電源SWは無く、コンセントを挿すとONになります。(私的にSWは欲しかったですね。)
バッテリからのコネクターを接続すると、バッテリーの状態がランプで表示されます。
充電する場合は、設定ボタンを押して適応する充電電流を選びます。(バイクの場合は1.5A )
ランプが点滅して充電が始まります。
充電時間は、7~15時間と明記されていました。
「ブーストモード」と言う、完全放電時の救済モードがありますが、容量的にもこれだけでセルを元気に回すようなパワーがある訳ではありません。
この機器のいいところは、充電完了後もそのまま接続しておけば、自動的にチェック・充電を繰り返してくれることです。
故に、長期間乗らなくてもバッテリーは何時も最適な状態に保たれると言う具合です。
我Enfi のように、グリップヒーターやNAVI 等電気仕掛けが多いバイクには有り難い製品です。
01413db950f9442a3c4cb56932bac419657c458647.jpg



しかし、付けっぱなしとなると、我が家のようなオープンガレージの場合は、ここままと言うのは宜しくありません。
そこで、Enfi 専用 「My 充電スタンド」 をバイク置き場に設置しました。
これです。!↓
015d0ff7e54319317b5d096f1c7cbbf4978331f9d7.jpg



バイクを停めたら、蓋を開けコードをバッテリーのコネクターに繋いでおきます。
これで、次回の使用がたとえ1年後だったとしても安心!(・・・なはずですが。)
0113f19c35c458190f8d998d793c31e4fb001638b3.jpg



今まででも、冬場はセルの回りが頼りないときもありましたので、効果はこれからの冬シーズンで分かるでしょう。
0131d32d3bdc8e6312efdc4b682833aa762eb0e4ac.jpg


最近、こんなネタが多いような気がしますが・・・。

~おしまい~


Comment

Add your comment