Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

4K ?

お正月気分もようやく薄れつつある今日この頃。
皆様、如何お過ごしでしょうか。
今年に入ってまだ初出撃も出来ない Enfi ですが、3連休中には何とか出撃を実行の予定です。
その報告は後日として、今回は更新がちょっと空いてしまったので、バイクネタではありませんが近況を話させて頂きます。

さて、9連休という長い今年の年末年始のお休み。
しかし、天気予報は2輪車にとっては厳しい状況となりそうでした。
そこで、Oyaji としては長いお休み中も楽しく過ごせるよう、以前より計画中の indoor でのお楽しみ実行しました。

そのキーワードが、

「4K」 です。

「きつい」「汚い」「危険」・・・の 3K ではありません。
4K = 水平画素数が約4000の 「超高画質テレビジョン」 の事です。
これまで綺麗だと感じていた、フルハイビジョンが約2000画素(こちらは2Kと呼ばれます。)ですので、面積的には4倍の画素数になります。

「放送も始まってないのに4Kテレビなんて買う人がいるのかな?」

なんて思ってましたが、量販店でその画像を見て驚きました。
あまりにリアルで、まるで立体画像のように奥行きまで感じられます。
フルハイビジョン画像を見た時でもここまでの感動は受けませんでした。

「こりゃあ凄い!」

しかし、見るソフトや放送が無くては話になりません。
では、何故現在店頭に多くの4Kテレビが売られているかと言うと、4Kテレビは通常の画像も4K相当に変換する「アップコンバート」なる機能があるんです。
この為、通常の放送やDVDも結構綺麗に見ることが出来ます。
そして、一番感動したのがブルーレイの映像です。
最近のブルーレイは元々4K相当で記録されているそうで、4Kテレビの場合は元画像に近い画質で楽しめます。
これには映画大好きoyaji として大いに興味をそそられました。
しかも、最近のテレビは殆どインターネットに接続できる機能がありますので、YouTube で本物の4K映像も見ることができます。
う~ん、こりゃ困った。
映画は観る事がメインで、画質にはあまり拘ってなかった Oyaji ですが、一気に4Kテレビが購入候補筆頭に!
しかし、ここで困った問題が。
それは・・・

「お値段が 高~い!!」

現在のTVが50インチなので、検討している60インチクラスとなると40万円以上します。

「こりゃ無理だワ!」

と、思いつつ何度もお店で見ているうちに4K画質に目が慣れてしまって、普通の画質が我慢できなくなってきました。
いや~、人間一度でもいいものを知ってしまうと元には戻れないものですね。
なんとか4Kテレビをお値打ちに購入できないかと思ってると、年末が近づくにつれ価格も下がってきました。
それと、4Kテレビは画像が細かいので最適視聴距離が近いことを知りました。
60インチだと1.5mくらいが最適とのことでした。
確かにそれほど大画面もでなくとも近づいて観れば大画面と同じことですね。
昔はTVをあまり近く観ていると、「目が悪くなるから、もっと離れて観なさい!」なんて叱られたものですが、それは画像が荒い為で4Kともなると、かなり近づいても全く荒さは感じません。
だったら、お値打ち感が強い55~58インチクラスにすれば何とか手が届きそうです。
映画鑑賞には大画面、出来れば65インチが欲しいと思っていましたが、65インチだと幅が170cmちかくあります。
TVを観ている時はいいのですが、電源を切っている時に部屋の一面に大きな黒い壁が出現するのはいただけませんね。

そんなことを思いながら数ヶ月各社の4Kテレビを比較しました。
結果、絵作りが好みだった SONYさん と Panasonicさん に絞り、最後は価格で Panasonic にしました。

最後まで悩んだ SONY の 55X9200B ↓
l_ts_x9200bravia03.jpg

左右にSPが付いたデザインは、SWを切っている時でもインテリアとして実に様になります。
フレームとの段差が全く無いディスプレーやメリハリのある画質も流石SONYです。
しかし、55インチとサイズが小さい割には価格が高く、カッコいいSPも我が家ではシアターシステムがあるので無駄になりそうです。

と言う事で、我が家の4Kテレビ導入の結末です。


Before ↓
8年位前に買った、SONYさんの50インチリヤプロジェクターTVです。
当時、37インチでも大画面と騒いでいる時にリヤプロとは言え50インチは大迫力でした。
しかもギラギラした液晶よりこちらの方が映画鑑賞にはピッタリの画質でした。
IMG_1924.jpg



After ↓
Panasonic の58インチ4Kテレビです。
画像では、今までの50インチとあまり変わらないように見えますが、画面は結構大きくなってます。
最近のTVはフレーム(枠)が細く、省スペースで小さく見えます。
IMG_1947.jpg

今年発売されたモデルですが、最近上位機種が出て、かなりお買い得になっていた事が購入の大きな要因です。
それと、パナさんは以前のプラズマ画質に拘った絵作りで、かなりコッテリとした画質です。
映画鑑賞にはこれがいいんですよね~。
販売員さんも、映画ならパナと言う意見の人が多かったです。

さて、設置した感想は・・・。

「やっぱりデカい!」

無理して65インチにしなくて良かったです。
これで十分です。
特にライブ映像などは、周りを暗くして観ると会場に居るかの様です、しかも特等席に!
既に何本かブルーレイのライブソフトを観ましたが、これからは映画と同等にライブソフトにも注目ですね。

2015年は、これで存分にAVライフを堪能するゾ~! 

と、まあ新年早々物欲大爆発のご報告でした。  


Comment

hisa  

No title

ほほう、4kですか、。
羨ましい。私も検討しましたが結局2Kで我慢しました。
ってか、TV観ないし(^_^;)
今年は8Kが商品化されるそうですね。
技術の進歩は目まぐるしいです。

2015/01/11 (Sun) 13:47 | EDIT | REPLY |  

Enfi oyaji  

(返信)

確かに、私もあまりTV番組は観ませんね。
基本的に映画とLIVEです。
Oyaji としては新しき物もどんどん味わった上で古い物を大事にしていく所存でございます。

2015/01/11 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |  

Add your comment