Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

物欲大魔王 AMP編

我が家のAudio一族の中で、異彩を放つ高級機が、約2年前にやってきた 「LUXMAN L-590AⅡ」 です。↓
無題 (2) (300x200)


LUXMANのプリメインアンプのフラッグシップとして文句の無い逸品です。
しかし、最近気が付きました。
我が家の使用環境には、このAMPはオーバースペックだと言う事が。
そこで、2年間お世話になった590AⅡを本来のフィールドへ送り出し、我が家には分相応の機器を迎えることにしました。

そんな事で代わってやってきたのがコレ。↓
LUXMAN LX-32U
0199f07beb65e384e577db5aea0e35cc2efca962ff.jpg

レトロな雰囲気のカワユイヤツです。
ラックがスカスカになりましたが、放熱の為にはこの方がいいですね。
もっとも、我が家のラックには放熱ファンがつけてあるので安心ですが。
実は、590AⅡの前は32Uのお兄ちゃんに当たる 「SQ-38U」 を使っていました。
あの時もそれなりに満足していましたが、憧れのA級ソリッドステート、L-590AⅡに出会い急遽入替となりました。
しかし今回は、前記の通り機器の 「ダウンサイジング」 が目的ですので、価格的には38Uの下位モデルとなる LX-32U でも十分だと考えました。

クラシカルな雰囲気ですが、プリがソリッドステート、パワー部が真空管(EL84)と言うハイブリット仕様です。
MCが使えるフォノイコも内蔵しています。
また、リモコンが使えるのは私にとって大きなポイントですね。
それと590には無かった、ボリュームノブのLEDは位置がハッキリ分かっていいですね。
確かに590のような高級感はありませんが、 操作感などチープと言う程でもありません。
価格も590AⅡの半分程度で、入替で随分お釣がきました。
しかも、価格差ほどに音のグレードが下がったような感じはありません。
厚みのある中域に程よい解像度と、思った以上に好感触です。

余談ですが、我が家は電源環境が良くない様で、殆どのアンプのトランスが唸ります。
590も今回の32Uもやっぱり唸ります。
少しくらいならいいのですが、時にはリスニングポジションからでも聞こえる程です。
この為、電源にはアイソレーショントランスを介してます。
これでアンプの唸りは殆どなくなりますが、アイソレーショントランスそのものも構造上多少唸り音が出るというお馬鹿な話でございます。

今回のAMP入替、振り返るとソリッドステートから球管、次はソリッドステート、そしてまた球管と結局無いものねだりですね。
何はともあれ。

物欲大魔王 バンザイ!


<< 後日談 >>
そんな浮かれ気分で導入した、LX-32U ですが・・・

壊れました!

スピーカーからバチバチとノイズが出だしたかと思ったら、突然無音になりました。
球管AMPのトラブルは殆どが真空管関連ですが、左右とも同時にトラブルとは考えにくいので、リレーか電源でしょう。
何れにしろ、LUXMANのサービスセンター行きです。
メーカー保証があるので費用面は心配ないのですが、暫くメインアンプが無いのは辛いですね。
その間に、また物欲が台頭しないか心配です。
あ、メーカー保証と言えば一つ情報です。
LUXMANでは、今年の6月から製品の保証期間が2年から7年になります(球AMPは3年)。
嬉しい事に、現在保証期間中の製品も自動的に延長されるそうです。
これはありがたいですね。
特にソリッドステート系の7年は凄いです。
それだけ故障が少ないと言う自信でしょうか。
もっとも、私の32Uは故障しましたが・・・

でも 32U はいいAMPです。
戻ってきたら、優しく扱おうと思います。

Comment

Add your comment