Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

これが小径車だ!

一般的な自転車のタイヤは700cで直径70cm前後、小径車と呼ばれる20インチで50cm程度です。

しか~し!
 
今回ご紹介するのは、小径の度合いが半端ではありません。
何と、6インチ! 

まさに、「これが小径車だ!」


英国製 A-bike plus ↓
発売後、粗悪なコピー製品が出回り評価を落としましたが、これは正規品です。
各部の作りも良く、チープさは感じません。
IMG_1127-2.jpg



フロントタイヤ。
バンド式のブレーキは一見頼りなさげですがよく効きます。
IMG_1128.jpg



リヤ周り。
特殊な2重がけチェーンで非常に軽く回ります。
IMG_1129-2.jpg



折畳むとこんな感じで、非常にコンパクトになります。(高さ67cm)
重量も6kgジャストと超軽量です。
これくらいになると本当に何処へでも置けます、輪行も楽々です。
IMG_1130.jpg

畳むのには30秒も掛かりません。
各部の動作もスムーズで品質の良さが窺えます。

しかし6インチと言うと、親指と人差し指を広げた程度の約16cmしかありません。

「そんなタイヤで大人が乗って走れるんかい?」

と言う事で、今日は以前私も乗っていた 「HANDY BIKE 6」 と共に6インチ超小径車2台でポタリングに出発です。
出発と言っても、とても自走は出来ませんので、途中までは車で移動です。

左が A-bike、右が HANDY BIKE 6 です。
01c8c8f5f2d0b50b689ff1b0db76031f293515ff61_00005.jpg

HANDYは以前乗った事があるので分かりますが、見た目と異なり意外と乗れます。
というか、あまりに見た目が異様なので、乗りにくいと思い込んでしまいますよね。
パーツも殆ど市販の物が利用でき、カスタムも容易です。
乗り味は、全体的にカチッとした感じです。
但し、重量は8kgとA-bikeと比べると重さを感じます。(と言っても十分軽いですが。)


対する A-bike は、軽くてやわらかい感じです。
こちらも見た目よりは走れますが、ヘッド周りの動きが渋いのと、特殊な形状のシートはすわり心地が悪く、クランクの位置もやや後ろ過ぎて漕ぎにくいです。
ギアはかなり軽めでスピードは出ません。(出ない方がいいかも・・・。)
全体の作りはほぼオリジナル部品で、何となく同じ英国製のブロンプトンの作りを思い出させます。
014377119f37c6c1c34b767178fb88d3e1ee5e0843_00001.jpg



Oyaji が乗るとこんな感じ。
う~ん、やっぱり変だワ!
01879671160eaee6817a5db16b8e7efad84e72758a.jpg



暑かったので、人気の 「もなかアイス」 を頂きにここへ。
長良の 「松乃屋」 
01bb051b7701e63903e25cca8fd699d795eab99cda_00001.jpg



これが人気の 「もなかアイス」
素朴な味で美味しゅうございました。  130円なり。
無題



こんな無理やりの大盛りもあります。 200円なり。
無題2



松乃屋さん、昔ながらの味や雰囲気で楽しめます。
アイス以外にもどら焼きなど美味しそうなメニューもありましたので、そのうちまた寄らせてもらおうかな。
お車の方は、駐車場が少ないのとお店の前は道が狭いので注意して下さいね。
017877cf4da7778a25633d95a9c0f17ed41629364c.jpg



さて、本日最後のショット。
何処にでも有る自転車屋さんの店先です。
01c2d221531082f406c5d78f2024777b202fca9f71_00001.jpg



しかし、よ~く見ると・・・
くたびれたママチャリの間に押し込められたランドナー車が1台。
かなりのビンテージ仕様のようですが詳細は分かりません。
驚くのはその価格。

480,000円!

どう見ても周りのチャリとは別世界です。
きっと、売る気はないんでしょうネ~。
店主に熱く語ったら 48,000円 で売ってくれないだろうか・・・なんてネ。 
ハンドメイド


と言う事で、お馬鹿な6インチポタリング終了です。
ま、たまにはこう言うのもいいかな。

~おしまい~

Comment

Add your comment