Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

名古屋お買い物ポタリング

日差しも良く暖かいので、何時もの友人と何時ものパターンの名古屋お買い物ポタリングに行く事にしました。
まずは、JR岐阜駅で待ち合わせです。

これは駅前にある地元のヒーロー織田信長像です。
派手好きの信長様も、まさか金色に塗られてこんな所に立たされるとは思わなかったでしょうね。
rinnkou1.jpg


友人の輪行チャリは「OLD DAHON」です。
現行ダホンの原型となったモデルです。
ブロンプトン等も使っているスタミーアーチャーの内装3段ギアも付いています。
最近の物のように折りたたみが容易でなく、パズルのように決まった順序通りに作業しないとたためません。
オーナーでも手順を間違えます。
画像はクランクをたたもうとしています。(ペダルではなくクランクごとたたむ発想です。)
組み立て時も、シートは勿論ハンドルセンター等ポジションも全て再設定が必要で大変です。
でも、走っている姿は中々可愛らしいデザインです。
対するtikitは、たたむだけなら30秒位で出来、カバーをしても2~3分で完了です。
ポジション調整も不要、ボトルゲージにボトルを付けたままでも全く問題はありません。
しかも、外装9速で走りもしっかりしています。
rinnkou2.jpg


やっと準備完了です。
折りたたみ後のサイズはダホンの方がやや小さく、全体の収まりもすっきりしています。
tikitiはTバーハンドルのせいもあり、デコボコしています。
但し、ダホンはかなり重いです、15kg以上はありそうです。
tikitは10kg位で、このまま転がしながら移動も出来ますが、持ち上げる事が多い場合は肩に掛けるタイプのカバーの方が楽です。
手前がダホン、奥がtikitです。
rinnkou3.jpg


この後、20分位であっと言う間に名古屋に到着、さっさと自転車を組立、まずは腹ごしらえに出発です。
友人のお勧め「橋本 白肉屋」の「ステーキ丼」しかも特盛です!
写真では分かりずらいですが、流石特盛と言うだけのボリュームです。
名古屋の繁華街で土曜日のお昼にこれで¥600は安いです。
味も美味しいですが、Oyajiには多すぎました、今度からは普通盛(¥400!)にしときます。
rinnkou4.jpg

エネルギー満タンで市内を走り回り、モールトンショップで有名な「EG」ヘ寄りましたが、丁度お客さんの納車と言う事で、店先に超高級モデルのモールトンSPEEDが10台以上集まっていました。
総額2000万円!!近い自転車の集団なんて誰も想像できないでしょうね。
あまりの光景に写真を撮るのを忘れてしまいました。
でも仮に宝くじに当たったとしても、ここまでのものは買わないでしょうね、何故って貧乏性で心配性の私としては、こんな自転車どこへも乗って行けません!
驚きの光景を後に、そのまま自転車で岐阜へ帰ろうかと思っていましたが、案の定、寄り道をしすぎて遅くなり途中の稲沢駅から電車で帰ってきました。
こう言う使い方に輪行は便利で楽しくやめられません。

最近、自転車がブームで小径車や折りたたみも沢山出ていますが、電車での輪行や車を使った自転車の使い方も大変楽しいものです。
自転車も出来ればホームセンター等にある安価なものでは無く、しっかりとした専門ショップでの購入をお勧めします。
また、これを機会に自転車の事を色々調べたりするのも楽しいですよ。
折角購入するものですから、少し高くても気に入った物の方が愛着も沸き永く乗れると思います。
特に折りたたみの物は、3万円~30万円近いものまで幅広くありますが、機能も走行性も値段なりと思った方がいいです。
また、コンパクトさと走行性は相反しますので、自分の使い方を良く考えてから適当なサイズを選んでください。
価格帯としては、5~10万円位でしたら概ね満足できると思います。
でも、大変気に入った物が15万円だったとしたら、私は無理してでもそれを購入することをお勧めします。

★私の無責任なお勧め自転車
①  ~10万円  
DAHON(ダホン): コストパフォーマンスが高くバリエーションも豊かで扱いショップも多い。
②10~30万円  
BROMPTON(ブロンプトン): 英国の折りたたみ自転車の名車です。コンパクトさと輪行のし易さ、そしてしっかりとした走行性オとシャレなデザイン等予算さえ合えば選んで間違いのないモデルです。
BIKEFRIDAY(バイクフライデー)tikit : 私の愛車です。アメリカ製でブロンプトンよりコンパクトさは劣りますが、走行性はtikitが上です。50㎞以上のツーリングも容易です。   
③30万円以上   私の関与する領域ではありません、ご自由に選択して下さい。

Comment

Add your comment