Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

恐怖の社外品ブレーキパッド!

東北遠征ツーリングの準備の一つで、ディスクパッドを交換しましたが、そのせいか以前より多少感じていたブレーキの効きムラが顕著に出る様になってしまいました。
この為、停止寸前のブレーキングがスムーズに出来ません。
一定に握っていても、カックン・カックンとなってしまいます。
しかも、次第にひどくなるような感じです。
これはディスクローターの歪みが原因だと思われます。

そこで、思い切ってローターを交換する事にしました。
純正でもいいのですが、多少のカスタム製を狙って、久しぶりにヒッチコックでUK製のローターと、ブラックカラーのローター取付アダプターと合わせてセットで購入することにしました。
相変わらずの素早さで、発注4日程で到着。
早速交換しようとしましたが、ローターボルトが異常に固い。
しかも、六角レンチの深さが浅く、直ぐになめてしまいそうです。
意を決して、インパクトで回しましたが、ぬわんと6本中4本がなめてしまいました! 
仕方なく、ポンチで少しずつ回しましたが、ゆるみ止めがタップリ塗られていて、数mmずつしか緩みません。
兎にも角にも、少しずつ叩いて緩めるしかありません。
この残った4本のボルトとの格闘は1時間くらい続いたでしょうか。
どうにか全てやっつけましたが、ホトホト参りました。
実は、今回ローターと取付アダプターも購入したので、ローターボルトを外す必要は無かったのですが、ノーマルのアダプターは残したかったので、どうしても外す必要があったのです。
それにしても、

「疲れた~!」

格闘の凄さを物語るボルト ↓
まあ、再利用するものではないのでいいのだけれど・・・。
01d6951562c0db1ace39c949822d8696825c881a08.jpg



ノーマルボルトはスチール製だったので、市販のステン製に変更・・・と思ったら、ヘンテコEnfi は「 M10×16mm 」 で ピッチが1.5 (普通は1.25) で市販品では合うものがありません。
仕方なく純正にしようかと思いましたが、どうも野暮ったいので、ネットのネジ屋さんで探したステンボルトで取り付けました。
※取り付けにはネジロックもお忘れ無く。
01bf7ccecd1ab18f7014ac3a6493882ee8c3e96022_00001.jpg


とう事で、交換後はこうなりました。

Before
01ad8d8fb229ceb5dd237abd63076d07f1e3172358.jpg



After
01e6a021ce1d53eb3e8e7d1211b7f84fda3e30cf97_201510081335287f2.jpg

デザイン的には、旧車の様な穴の開いていないローターの方がいいと思うのですが、Enfi に合うものは無し。
このUk製も、言われなければ違いが分からないレベルですね。
まあ、本来の目的であるブレーキの効きムラは無事解消しました。
それにしてもイタイ出費ダ。 


と、ここまでは良かったのですが、ローター交換後の確認で、土曜にブレーキをチェックして愕然としました!

ディスクパッドが無い!!

そんなバカな!

9月の遠征前に交換して、まだ1ヶ月半。
距離にして、たった3,000kmほどで新品のパッドがこんな状態に!
危うく、新品のローターを削るところでした。
0157b51c91d052a3646f0fb77254ad46240324d8fd.jpg

ネットで買ったチェコ製の社外品だが、レース用パッドじゃあるまいし、幾らなんでも異常だ!
oyaji は、Enfi のパーツによく社外品を使いますが、やっぱりというか当たり前ですが、重要部品は純正か、しっかりとした実績のある部品を使いましょう。

驚きと共に、慌ててウイングフットさんへ部品を発注した、お馬鹿な、お馬鹿な oyaji でございました。


~おしまい~

Comment

Add your comment