Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

お見合いツーリング  in お亀の湯

今日は、先月新たに新型Royal Enfield のオーナーとなられた大阪のGさんと初のお見合いツーリングです。
お見合い場所は、Oyaji 達の定番、「お亀の湯」です。

何時も通り上石津ルートを走り、途中コンビニで休憩していると変なのがやってきました。
RES03081.jpg



こいつです。↓
RES02084_20160505233708a87.jpg



「X-Kart」と言う車種らしいが、エンジンはヤマハのスクーター(LOG)用をチェーンしてあり、80㎞くらい出るそうです。
フレームはレーシングカート用、勿論サスはありません。
RES02082_20160505233706f4a.jpg



ちゃんとバックギアも付いてました。
50ccですが原付4輪(ミニカー)なので、法定速度は60kmだそうです。
価格は乗り出しで約60万円位とのこと。
オーナーさんはノーヘルで走って行きましたが、Oyaji 的にはヘルメットが無いと危険だし、何といっても恥ずかしくてのれません。(オーナーさんゴメンナサイ)
RES02083.jpg


待合せの時間は、11~11:30頃でしたが、私が所要時間をあまくみていて、10分位遅刻してしまいました。
Gさんは何処かな?と、探す間もなく駐車場で手を振るGさんを発見。
今日は息子さんとタンデムで参加です。
息子さんも近々免許を取るそうで、次回は親子で参加かな。

余談ですが、今は殆どの高校で、バイクに乗る事は勿論、免許の取得も認めていません。
しかし、ダメと言われると余計に乗りたくなるのが心情と言うものです。
私の息子も当然のように2輪免許を取って、バイクに乗ってます。(最近、パパになって乗れてないようですが。)
学校は規制するのではなく、教育するのが本来の姿ではないでしょうか。

と、話はそれましたが、久々に Royal Enfield が3台揃いました。
手前の「DESERT STORM」がGさんの新車です。
RES02087_20160505233815715.jpg


我Enfi も既に5年落ち、パッと見全く変わっていないようですが、電装品の位置変更やタンクのプレスの仕方、それとクランク周りのアルミの仕上げも多少良くなってました。
少し乗らせて貰いましたが、基本的に同じですね。(当たり前か)
アイドルがやや不安定で時々エンストする辺りも変わってませんね。
まあ、これは排ガス対策の影響なので、規制が緩い国の製品としては難しいのかもしれません。
RES02086.jpg


Gさんは、「YAMAHA XV1900CUレイダー」と言う1900cc!のツインエンジンからの乗り換えです。

これ。↓
16[1]


国産車のそんなとんでもないエンジン搭載車からの乗り換えにはかなり不安があった事でしょう。
そんなGさんのEnfi に対する評価は・・・

「凄く楽しい!」
「とても500ccとは思えない!」
「フツーに乗って、こんなに楽しいバイクがあるとは!」


でした。
そうでしょう!そうでしょう!
Enfi 馬鹿のOyaji としては、Enfi の良さを分かってくれるライダーが増えて実に嬉しいです。

しか~し!
つまらんポカが有るところも変わってません。
「塗装がひび割れてる、ヘコミがある、少しOILが滲む、タンクキャップの周りの塗装がガソリンで剥げた!」等、Enfi と付き合うための厳しい洗礼を受けます。
国産なら絶対にありえない事です。
まあ、こんな事は私が以前よりご報告してきた通りで、

想定内のEnfi 品質です。(ナンジャそりゃ!)

そんなEnfi ですが、それでも乗り続けたいと思わせる魅力があるのも事実です。
バイクのご機嫌を窺いながら共に成長していく。
それが Royal Enfield です。
GO.jpg


初のお顔合わせで話が尽きませんが、先ずは温泉へ。
お昼時でしたので、先にお食事です。
ここでのお勧めはこれ。

けんずい定食。↓
要はたまごかけご飯です。
全員これを注文。
何時も通りの味で、美味しゅうございました。 650円なり
RES02089_20160505233814d41.jpg


いつものヌルヌル温泉に浸かりながら、Enfi 話に花が咲き、あっという間に時間が過ぎて行きました。
帰りは15時近くになり、またの再開を約束してGさん親子とはここでお別れです。
Gさん達は、自宅まで1時間程と言う事で、お土産を買ってから帰宅との事。
気をつけて帰って下さいネ~。
RES02092_2016050523381768f.jpg


Oyaji 達は、何時もなら高速ワープと行きたいところですが、今日はUターンラッシュで高速はNGです。
まあ、天気も良いのでそのまま来た道を帰る事にしました。
渋滞はうまく避けられたのですが、結局我が家に着いたのは20時頃に。

今回のお見合ツーリングは、好感触のなか終える事が出来ました。
つきましては、今後共お付き合い頂きます様お願い申し上げます。 

~おしまい~

本日の走行距離:370km  燃費:34km/L

P.S.
車庫にバイクを入れようとすると、なんか下の方でカラカラと音がしました。
「なんだ?」
と、確認すると、インナーバッフルの固定ボルトさんが何処かへ旅立たれてしまったようです。
ま、こんなのはトラブルではありまシェ~ン。


Comment

ゲストさん  

どうもはじめましていつも楽しくブログ拝見させてもらっています

普段はcb223sというバイクに乗っているのですがこのロイヤルエンフィールドに惚れ込んでしまい教習所に通いつい先週大型二輪の免許を取得しクラシック500とコンチネンタルGTに試乗してきました

乗り心地というか鼓動みたいなものもドンピシャで欲しくなったんですがやはり初の大型バイクがインド産のだと少し不安になります…維持費も国産と比べると高くつくものなんでしょうか?

長文失礼しました。。

2016/05/09 (Mon) 17:19 | EDIT | REPLY |  

Enfi oyaji  

(返信)

こんにちは。

確かに、外車は部品代やメンテが国産の何倍もします。
但し、Enfi は高いと言っても僅かです。
決して維持費が高価なバイクではありません。
ヒッチコック等の海外通販を利用すれば国産より安いくらいです。
新型はトラブルで困るような事もありません。
それよりも、品質とか細かな事を故障と捉えると我慢できなくなってしまうかもしれませんね。

Enfi の為に、大型取得するほどハマったのなら是非オーナーになって下さい。
今回紹介したGさんもそうですが、色々気になるところは多々あるものの、きっと「買って良かった!」と思えるでしょう。

では、Enfi 購入のご連絡を楽しみにしています。

2016/05/09 (Mon) 18:14 | EDIT | REPLY |  

Add your comment