Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

温泉新規開拓ツーリング ~蓼科温泉編~!

この時期は何処行っても爽快な季節ですね。

「こんな時に愛車に乗らないのは罪ダ!」

な~んて事を思う今日この頃でございます。

さて、ここで本題の前に Royal Enfield の塗装について一言。
お世辞にも上質とは言えない Enfi の仕上げ。
放置すると直ぐにくすんで、くたびれた印象になってしまいます。
日本人ほど手入れしないだろうと思われるインドのEnfi はどんな状態なんでしょうかね~。
一度見てみたいものです。
そんなEnfi を、いつもきれいな状態に保つべく、セッセと磨きに精を出すOyaji ですが、出来ればあまり手を掛けずきれいに維持したいものです。
これまでにもいくつかのWAXを試して来ましたが、先日ショップで新たな考えのWAXを見つけたので早速試してみました。
ガラスコーティング系かと思いましたが、製品説明ではそれとも異なるタイプのようです。
車だと2~3回分の容量でセール特価でも3,000円はちょっとお高目ですね。
バイクだと使う量が少ないので多少はマシですかね。
塗った直後の印象は、細かな傷が消えてかなり艶がでます。
ガラスコートしたみたいです。

「オ~、これはいい!」

後は、このまま洗ったりするとどうなるかですね。
今までのWAXでは、磨いた時は輝いているのですが、一度洗車をすると再度磨かないとあまり艶がでませんでした。
しかし、今回の物はそんな事も無く、洗った後もそれなりに艶がでます。
説明では、使うほどに効果が上がるとの事でしたが、どうなんでしょうか。
本当に洗車だけでピッカピカ!と言うのが理想なんですどね~。

と言う事で、ピッカピカのEnfi で、今日はちょっと足を延ばして信州方面へ 出撃~!
RES02152.jpg



朝は、早起きして6時集合。
41号(白川)から256号で経由で中津川へ、その後は19号で諏訪方面へ。

11時頃には茅野市に着きましたが、朝が早かったせいかライダーのお腹がEmpty。
丁度、以前行ったお蕎麦屋さんの前を通るのでこちらでお昼です。
R0001153.jpg



お店に入ろうとすると、準備中の看板が。

「11時過ぎなのにまだ開いてないの?」

店内を除くと、店員さんが「どうぞ~。」みたいな素振り。
何のことはない、店員さんが看板を直すのを忘れてただけでした。 

信濃路遊膳蕎麦の郷 ↓
R0001155.jpg


今日のお昼は、「えびとろろそば。」
味はまあまあ、量は少な目、 1,000円なり

※画像取り忘れ。
気付いた時は完食でした。 (*^_^*)

ちょっと早い昼食後は、目的地の蓼科温泉郷へ。

20分程で到着。
蓼科温泉 小斉の湯 
R0001158.jpg


着いた途端に感じました。

「なんかヤバそう。」

「お客さんが殆ど居ないゾ~!」

R0001159.jpg



現在は、日帰りのみですが、以前はこちの建物で宿泊の営業もしていたようです。
R0001160.jpg



見た目はともかく、温泉さえ良ければいいんですが・・・。
受付を済ませ奥へ。
R0001162.jpg



更に奥へ。
R0001165.jpg



更に更に奥へ。
RES02163_201605230026551a7.jpg



一つ目の露天がココ ↓
しかし、更に上が。
R0001166.jpg



傾斜地の通路沿いに良く分からん建物が点在し、迷路状態です。
RES02172_2016052300265606d.jpg



男性用最上階の「見晴しの湯」がこの先。
R0001174.jpg



女性用は更にこの上です。
R0001175.jpg



ようやく着いた「見晴しの湯」の脱衣所はこんなの。
R0001171.jpg



露天風呂を覗くと・・・
RES02173_20160523002659b2f.jpg


「お! まあまあじゃないか。」

と思ったのも束の間、掛け流しはいいのだが温度管理されておらず、Oyaji でなくともかなり熱い。
それと、湯船に葉っぱや虫の死骸が大量に浮いてます。(湯の中にも沈んでました。)
熱いのと合わせて、とても顔を付ける気にはなりません。

「ダメだコリャ!」

ってんで、早々に退散。
お客さんがいない事をいい事に、パンツ一丁(穿いてるだけマシでしょ。)で下の「岩間の湯」へ。
しかし、こちらも基本的に同様の状態。
どうしたものかと思っていると、ごみを取る網と、温度調整用の蛇口を発見。
水を出しながら、二人で暫しのごみ取り作業です。
R0001176.jpg


「あ~あ~、温泉へ来て、素っ裸で何やってんだか」

暫くすると温度も下がり、ようやく首まで浸かれる状態に。
虫や葉っぱは、きりがないので適当なところで妥協。
まあ、やりたい放題の状態でしたので、ちょっぴりノンビリ気分を味わえました。

戻る時に内湯を除くと、こんな感じ。
素朴・・・普通・・・
R0001178.jpg



広い休憩所もありましたが、ダレもおらず電気も点いてません。
R0001179.jpg



ロビー?の休憩スペースには、有名人の色紙や写真が飾ってありましたが、相当昔のもので「過去の賑わい今いずこ」って感じですね。
R0001180.jpg



蓼科温泉 小斉の湯 評価
RES02182.jpg


とまあ、温泉の満足度は20%って感じで、久々の外れでした。
帰りは、付知まで戻って下呂を経由したので少し遅くなりましたが、19時頃には無事帰宅。
気候的には実に気持ち良く、走りが楽しかった一日でございました。 

~おわり~

本日の走行距離:470km   燃費:37km/L

Comment

カズ クローム  

素晴らしい距離&燃費ですネ~🎵

いつも丁寧で的確な大変素晴らしい
ワンダフルエンフィールドワールド&
スパリゾートダデイアンズ
ありがとーございます🎵

「アタリ」ではない楽しみが伝わって
ソレもまたうらやましい限りです♪

タイトルにもしましたがグレイト過ぎるのはその距離&燃費でございまして

クロマチックでメカニカルでオリエンタル
でアンビリーバブルでございます(混乱中)

ジェントルなライディングとテクニカルなアイテムの為せる(ナセル)技ですね🎵

また後程コチラの経過報告も連絡致します♪

お疲れ様でした◎

オジャマしました~★

2016/05/26 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |  

Enfi oyaji  

No title

カズクロームさん、おはようございます。
oyajiが丈夫なのか、500キロ位(もちろん高速なし)の距離は全くノープロブレムです。
ま、これもenfiが楽しいからでしょうね。

2016/05/26 (Thu) 07:33 | EDIT | REPLY |  

Add your comment