Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

V7 完全復活!

P1100168 2 サイズ変更


購入時より何かとトラブルの多いV7。
殆どのトラブルは解消しましたが、唯一原因がハッキリせず困っていたトラブルが 「アイドル不良」
色々やってみて、直ったかな?と思うとやっぱりダメで、遂にはMoto Guzzi V7そのものが嫌になりそうでした。
ショップも色々やってくれましたが、いかんせん時間がかかり過ぎます。
そこで、自分なりに原因を追求した結果、行きついた先がTPSでした。
パーツが安く手に入ったので、ダメ元で交換してみましたが、交換後の感触は思った以上にいい感じでした。
そして、本日その効果を検証する為100km程の試走に行ってきました。
その結果・・・

完全復活です!

いや、完全以上復活です。
アイドルは1000~1050rpmでピタリと安定しています。
指導直後のアイドルも800rpm位で安定していてチョークはいらなくなりました。
排気音も実にリズミカルに気持ち良くアイドリングするようになりました。
更に、極低回転がスムーズになってギクシャクしなくなりました。
更に更に、アイドル回転辺りのトルクが増してスタートが楽になりました。

「V7ってこんなに乗り易かったんだ!」

と、今更ながら思いました。
左右のバランス取りの効果もあるとは思いますが、兎に角いい事づくめです。
ダメ元のバクチ的処置でしたが、 大正解! でした。

V7のTPS交換は作業的には簡単ですので、同じような症状の方がお見えでしたら、試してみる価値は十分にあると思います。
パーツ代の10,000~15,000円はちょっと高いですが、ハーレー用で探せばヤフオク等でお値打ちに入手も可能です。
何はともあれ、これで遠征も気持ち良く安心して行けそうです。

隣のEnfi は、元気で調子もいいですが、Oyaji が乗ってあげる回数が減ったのはちょっとかわいそう。↓
しかし、V7からいきなり乗り換えると、Enfi のポジションってやっぱり独特って言うかヘンですね。
ま、この変なポジションが慣れると中々いいんですけどネ。 
IMG_0317_201704092042004f8.jpg


~おしまい~

Comment

Add your comment