Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

Moto Guzzi V7 classic と言う Motorcycle

「 Moto Guzzi V7 classic 」(5/15現在)↓
P1100469.jpg


納車後半年が過ぎました。
元々、V7 の中でも旧々モデルの 「Classic」 にしか興味がありませんでしたので、購入対象は当然中古車しかありません。 
ようやく見つけたV7 は、走行数千キロの極上車でした。
しかし、流石 「痛車」 、納車直後から色々やってくれました。

・前後共ストップランプが点いたり点かなかったりで、危ない危ない → 前後SW交換。
フロントSWは互換パーツをもらって自分で交換、リヤは部品待ちで1ヵ月後にショップにて交換。

・リヤハブよりOILが漏れ、漏れたOILが遠心力でタイヤトレッドまで飛んできて危ない危ない。 → OILシール交換。
パーツ納期は約1ヵ月で、ショップにて交換。
V7 パーツの納期は基本的に月単位が常識なのか?

・クラッチワイヤー断線! → ワイヤー交換。
ショップ経由だと又も1ヵ月の納期と言うことで、グッチディーラーのデイジーカンパニーさんの通販で確認、在庫有りで即入手、自分で交換。
※数千キロで切れるワイヤーの原因は、レバー直後に90度曲がるワイヤーの引き回し。(現行型は真っすぐになっている。)

・納車時より時々起きていたアイドル不良、排ガス規制で止む無しかと思っていたが次第に悪化、ショップもこれはおかしいと色々対応してもらったが完治せず。
遂にはインジェクター交換まで検討したが、Oyaji の自腹でTPSを購入(ヤフオクで安かった)自分で交換。 → 完全復活!!

現在に至る。

中古車と言うことを考慮しても、やっぱり噂通りだった Moto Guzzi V7 ・・・

しか~し!

完全復活したV7 はそんなことは忘れてしまうほど楽しい。 

現行車でありながらここまで旧車の香りがプンプンするバイクはそう無いでしょう。(Enfi は除く。)
まさに 「オートバイ」 です。
これに対して、トライアンフなどは、パッと見レトロチックですが実は結構モダンな現代のオートバイです。

ここで、まだ半年ですが、やっと真っ当に走れるようになったV7 の、Oyaji 的言いたい放題でございます。

(Good Point)
・バイクらしく、一目でGuzzi とわかる外観。
・ナナハンにしては軽くコンパクトな車体。
・ブルブル震える鼓動感あるエンジン。
・回せば気持ち良く吹き上がる二面性。(と言っても7000rpmくらいまでだが。)
・アイドルから高回転まで本当に音が良く乗っていて楽しい。(MISTRALサイレンサーの場合。)
・直進性が良く安定している。
・タンク容量(17L)が多く、樹脂製は軽く錆びない。(現行は更に多く22L、但しスチール製になってしまった。)
・Enfi と比較すれば何でもそうかもしれないが、ともかく楽ちん。
・あまり見ない。(それだけ売れていないと言う事でしょう。)

(Bad Point)
・地味な外観はあまり一般受けするとは思えない。特にマットなカラーリングの現行車はチープに感じる。
・750ccとは言え、それなりのパワーを求める人には不向き。
・一般走行域でも振動が多いので、スムーズなエンジンに慣れた人には厳しい。(Oyaji にはこれが楽しいが・・・)
・重量の割には取り回しが重い。
・クラッチが重く、繋がりも癖がありやや使いづらい。
・シフトもスムーズさに欠ける。(ミッションが冷えていると非常にシフトが硬い。)
・給油口が狭く、満タンにしづらい。

最後に、メンテに自信のある方以外は、Guzzi を良く知ったショップでの購入をお勧めします。
Oyaji は、この車両の状態や仕様が非常に良く、価格も相場より相当お値打ちにしてもらった事。
Guzzi 専門ショップでは無い事のリスクは有ったが、このショップで新車販売した車両だった事、またショップ自体の印象も良かった。
割と近場だった事。
などで、購入を決めたが、前記のようにトラブルが続き、何ヵ月も乗れないと嫌になってしまうかもしれません。
まあ、専門ショップでもそれなりの修理時間はかかるとは思いますが、特に国内に無いパーツは月単位の納期がかかりそうです。
ドカやハーレーと比べれば、売れている台数が桁違いですので、やむを得ないのかもしれませんね。

最後に、Moto Guzzi V7 はお薦めできるバイクかと言うと・・・

Oyaji 的には お薦め! デス。

少なくとも、一度は乗ってみて欲しいと思います。
Enfi と同様にバイクの楽しみ方に新しい発見ができるかもしれません。

もし貴方が運悪く Moto Guzzi 病に感染したなら、是非一緒に病気を楽しみましょう!

但し、この病気はどんどん進行する可能性が高いのでご注意あれ! 


~おしまい~

Comment

Add your comment