FC2ブログ

Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

大人の修学ツーリング ~富岡製糸場編~

RES01761.jpg


大人の修学ツーリング二日目の続きです。

二日目の宿、小諸市の「中棚荘」へ着いたのは18時頃。
日暮れと共に何とか到着できました。(画像は翌朝のものです。)
ここは、文豪・島崎藤村ゆかりの宿です。
P1100759.jpg



由緒ある旅館ですが、モトグッチの「全国ルマン会議」会場になる程バイクにも理解があります。
駐輪場もご覧のように屋根付き専用スペースが用意されます。
因みにここの女将は、結構なお歳(失礼)ですが、数年前にバイク免許を取得し、何と 「KAWASAKI W1」 の乗っておられるそうです。
P1100760.jpg



こちらがフロント。↓
P1100736.jpg



宿泊や食事はこちらの旧棟で。
レトロチックな感じがいい雰囲気です。
P1100745.jpg



食事は19時でもよいとのことでしたので、なんとか先に一風呂浴びれそうです。
お風呂はこの通路の先に。
P1100739.jpg



着きました。
数年前にリニューアルされたお風呂は程よい広さで、奥に露天風呂もあります。
この時間帯は皆さまお食事中なのか、混み合うこともありませんでした。
P1100742.jpg



そして、宿自慢のお食事でございます。
本日のおしながき。↓
P11007552.jpg



前菜
P1100747.jpg



ここは、食事と共にオリジナルワインがお勧めと言うことで、いつものビールではなく最初からワインにしました。
しかも奮発してボトル1本!
お薦めは中棚荘オリジナルもシャルドネ(白ワイン)でしたが、非常に飲みやすく、ボトルなんて飲み切れるかと心配しましたが、あっという間に空に。
P1100751.jpg



信州牛の陶板焼付のコースでしたので、更に赤ワインを追加。
「う~ん、赤も旨いワ!」
P1100753.jpg



まだまだ料理は続きます。
P1100752.jpg



最後は、品の良いデザートでしめ!
大変美味しゅうございました。
P1100756.jpg


少し酔いがさめた頃に再度風呂に入って本日終了!

Zzz・・・   Zzz・・・


朝~!

最終日の今日も快晴です。
昨晩は美味しいワインを結構飲みましたが、悪酔いも無く朝はスッキリ!
美味しそうな朝食(とろろが馬鹿旨)に食がすすみます。
P1100758.jpg

「中棚荘」

雰囲気が良く、温泉もノンビリ入れます。
特に食事やワインが美味しく、ライダーも歓迎されるお勧めの宿です。

宿泊費:17,000円(ワイン代込)なり。



宿を出発したのは8時半頃。
碓氷峠を通って、昨日行き損ねた「富岡製糸場」へ向かいます。

峠の途中にあった、「碓氷第三アーチ」。
煉瓦造りで、明治23年!に完成したものらしい。
勿論、今は使っていないが、近くで見るとその高さに驚く。

「よくもまあ、煉瓦でここまで造れるものだ。」

P1100764.jpg


富岡製糸場へは10時頃到着。
朝一番でしたが、既にそこそこ見学者がいました。
でも3年前の世界遺産登録時は行列ができるほどの混みようだったそうです。
P1100767.jpg
P1100768.jpg



工場内
P1100773.jpg



女工さん達はこんな出で立ちで作業していたんですネ~。
今見ると中々シャレてます。
P1100770.jpg



工場内は多くのところが改修中でしたが、特別公開中の「西置繭(マユ)所」はダミーの保護シートを掛けられ、遠目には改修中とは気づきませんでした。
P1100778.jpg



Oyaji は学生時代(大昔デス)、紡績工場で3年間もバイトをしていた事もあり、全体の雰囲気が懐かしさでいっぱいです。
P1100786.jpg
P1100790.jpg
P1100791.jpg



「富岡製糸場」
世界遺産に登録されて3年ほどですが、広い工場は改修中の為、見たり中に入ったりできるところがごく一部しかありません。
この為、見る方としてはちょっと消化不足ですね。
見学者も登録時からは大幅に減少しているようです。
歴史的に貴重な遺産として見る価値はありますが、今後の有り方を考えさせられます。

入場料1,000円なり。(特別見学「西置繭所」は別途200円)
P1100777.jpg



~番外~
外に停まっていた観光用の多輪電気バス。
これカーブはどうやって曲がるんでしょうか?
P1100799.jpg


帰りは、茅野ICから中央道で恵那ICまでワープ、後は下道を八百津経由で帰りました。
渋滞にも合わずスムーズに帰宅できました。

V7のブレーキトラブルはロッド調整後は発生しませんでした。
ま、暫くは様子を見ましょうかね。

相変わらずチョコチョコトラブルはありますが、乗っていて楽しいV7は、Enfi とは違う魅力のあるバイクです。
今回のような1000㎞を超えるツーリングも全く疲れ知らずです。
購入後丁度1年経ちますが、改めて買って良かったと実感しています。
但し、個性的な故、一般的なライダーには評価されないかもしれませんね。
P1100802.jpg


今回のツーリング、初日は雨も心配しましたが、結果的には好天に恵まれたツーリングでした。
ただ、V7への乗り換えで航続距離が伸びたのたのと放浪癖が増したせいで二泊三日でも物足らなくなってきました。
来年は1週間くらいの工程で行きたいですネ~。

と、まだまだ元気なOyaji でございました。

~おしまい~

総合走行距離:1140km   燃費:25km/L

Comment

Add your comment