FC2ブログ

Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

原二?

昨年より発病中の、「お気楽バイク欲しい病」 は深まるばかりです。

その筆頭 「C125」
17YM1010_0407Ps011-800x533 サイズ変更(1)

まだ現車は見た事が無いのですが、クオリティの高さは画像でも十分伝わってきます。
Cub ではなく C125 として、きっと所有欲も満たしてくれることでしょう。
クラッチはありませんが、ギアがあるのもいいですね
しかし、Cubはまともに乗った事がありません。
125ccのギア付きCubってどんな感じなんでしょうかね~。


変態系バイクとしてEnfi に通ずるものがある 「VESPA PX」
px_touring_02 サイズ変更

2stエンジンやハンドルチェンジ等乗って楽しいのはこっちでしょう。
150ccタイプもあるので高速も走れますが、気分的にこれで高速は遠慮したいですね。


ところで最近巷ではアドベンチャータイプが大流行ですが、125cc以下の原付二種クラスもそれ以上に市場が盛り上がっています。
それに合わせて、各社も魅力的な新車種を続々投入。
それまで原付二種なんて全く気にしていなかったOyaji も無視できなくなってきました。
しかし、Oyaji のイメージする原付二輪と言えば、

「遅い、ダサい、買う気になれない。」

と言う物。
では、最新の125cc車ではどうなのか!
それは乗ってみなくちゃ分からない。

と言う事で、ついでもあったので人気の125cc車に試乗してみました。
Oyaji としては初体験の最新125ccスクーターです。

試乗したのはこれ、「YAMAHA NMAX」 
IMG_0569.jpg


Oyaji に似合うような車種ではありませんが、食わず嫌いはいけません!
ひょっとすると思っているよりいいかもしれません。
特にこのNMAXはスクーターの特徴であるフラットフロアでは無く大きなトンネルがあり、高剛性でスポーティなフレームとなっています。
デザインも中々カッコいいです。
IMG_0570.jpg


足つきは車幅がある為、167㎝のOyaji では両足が半分くらいしか付きません。
しかし、車重が軽い(約120㎏)ので問題なしです。
また、コンパクトなので気楽に扱えます。
ポジション的には足を前に出すと楽ですが、こうなるとバックレストが欲しくなりますね。
因みにヘッドライトはLEDだそうです。
RES01573.jpg


走り出すと、どうしてもVベルト特有の回転が先行する走りになります。
Enfi やV7 のような低回転で力の有るバイクに乗っていると、特に出だしはその感じが強いです。
ただ、その感覚を除けば思ったよりも加速はいいです。
80㎞くらいまでならすぐに出ます。
出だしで4輪をリードすることもできます。
直進性は問題ないレベル、コーナーでは良く言えば軽快ですが、出来ればもう少し落ち着きが欲しいです。
まあ、このへんは軽量な小径車では難しいでしょうね。
乗り心地は、意外と荒くサスのしなやかさが足りないように感じました。

さて、最新の125ccスクーター試乗後の感想。
やはり技術の進歩は凄いですね。
特にエンジンは昔の125ccよりかなり力強くなってました。
また、スクーターはシート下の収納等、通常のバイクには無いメリットが多く、超経済的な通勤快速として注目されるのも分かりますね。
しかし、そんな優等生は、やっぱり面白みに欠けます。
特にVベルトの加速フィーリングはどうしても馴染めません。
残念ながら、人気の通勤快速も変態Oyaji のお気楽バイクとしてはNGでございましたとサ。 


~おしまい~

Comment

Add your comment