Slow Ride で行きましょう。 ~2nd Stage~

人生楽ありゃ苦はないさ ~ Enjoy my life ~    Since 2011.11/11

NAVI収納とタンクバッグ

以前、ポータブルナビをタンクバッグに入れて使用している事を話しましたが、この時期になって問題が出てきました。

これまでのナビ使用状態。↓

縮小画像navi

使い勝手は悪くないのですが、気温が上がるこの時期なると、ナビ収納スペース内の温度が高くなり、バッテリーが動作不良になる事が分かりました。
それと、ある程度は予想していましたが、ナビが上を向いた状態では、日中では殆ど画面が見えません。
更に、ナビとは直接関係ありませんが、エンフィのフィラーキャップがかなり出っ張っていて、タンクバッグがピッタリと密着しません。(GWタンクバッグのマグネットは強力ですので、飛んで行くような事はなさそうですが。)

そこで、またまた無駄遣いですが、タンクバッグの変更と共に、ナビはハンドル部へ設置し直すことにしました。
こんな感じです。↓

縮小画像P6090400

どちらも「ヘンリービギンズ」のもので、特にタンクバッグは小ぶりで拡張機能もありませんが、
このようにぴったり密着します。↓
そのフィット感を生む秘密は・・・。

縮小画像P6090392


これです!

縮小画像P6090394

なんと、バッグの底面にエグリがあります。
このお蔭でエンフィの出っ張ったフィラーキャップでもしっかり密着が可能です。
GWと比べるとマグネットが弱く頼りないのですが、フラップの位置や長さが自由に変えられ、ピッタリ密着している上、キャップが穴にはまる為、位置もずれたりしません。
ナビポーチは、フードのお蔭で見易さは向上しましたが、マジックテープでハンドルに巻き付ける取付方はスマートさを欠くのが難点ですね。
飛んで行く事はないでしょうが、グラグラするのも気になります。
やっぱり専用ステーで固定するケースの方が良さそうです。
先週のツーリングで、「文明の利器」の便利さを痛感しましたので、もう少しいい取付方を検討したいと思います。

縮小画像P6090399


Comment

Add your comment